不動産ズイヒツ.info オフショア投資実践まで: 経済的自由を求めて〜海外投資で脱サラできるか?

2013年03月27日

投資助言会社とオフショア積立プログラムの選定について

具体的に私がどういった運用を行っているか紹介します。

現在運用中の積立投資プログラム
ハンサード(Hansard)社のアスパイアー(Aspire)

ハンサード社について

1970年設立現在ロンドン証券取引所に上場しており
FTSE250株式指数に採用されているイギリスを代表する金融機関。

グループ企業に
Hansard Global Plc
Hansard Europe
Hansard International Limited
Hansard Development Services Limited
などがある。
代表的な積み立てプログラムのシステムは、積み立てやポートフォリオ運用プログラムで世界の運用会社にアクセスが可能となり、そこでいわば、ファンドの箱のようなものを提供し投資家は100種類程度のファンドの中から必要なファンドを選んでその箱に集めて分散投資する。

購入方法は国内投資助言会社を利用し、直接Hansard社と積み立て契約を結びました。
投資助言会社は特に注意が必要で、国内・海外にかかわらず、違法業者が多くいる業界らしいので、必ず金融庁の許可を持っている投資助言会社であることが第一条件でした。

これまでも、違法、詐欺まがいな海外投資の事件が発生しているため、オフショア投資を行うならば投資助言会社選びは特に注意したいところですね。

また、今回積立投資を行う上でも、他の金融商品とも比較検討は行いましたが、(たとえばロイヤルロンドン360等)いわゆる保険型でないCR型といわれるような金融商品で、日本国内から日本人が購入できるものは、フレンズプロビデントしかなかったため、実質的に2者択一となったりました。

この保険型(WL型)の件については、いろいろ議論のあるとのことですが、結局、保険型は死亡時に積立額の101%分が支払われますので、この1%分について、保険商品とみなされる可能性があります。日本人は海外の保険に加入することは保険業で法禁じられていますので、いくらIFA(投資助言会社)業者が大丈夫といっても、結局法に抵触し、罰せられるのは投資家本人なのですから注意が必要です。その点、CR型であれば保険業法に抵触することはないといえます。

ハンサードで海外積立投資を始めたわけ

日本人が直接購入できる海外オフショア積立ファンドとして
ハンサードとフレンズプロビデントしかなく、フレンズプロビデントは2012年8月に日本居住者が購入できなくなりました。
原因は違法業者の販売により、取り扱いが打ち切られた経緯があります。

現在、日本人が投資助言業者を通じて直接購入できる海外オフショア積立ファンドは、
実質ハンサードだけというのが現状です。
posted by impe44 at 00:45| Comment(0) | オフショア投資実践まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。