不動産ズイヒツ.info HANSARD4月運用レポートについて。: 経済的自由を求めて〜海外投資で脱サラできるか?

2013年05月15日

HANSARD4月運用レポートについて。

HANSARDの積み立て投資について。
4月の相場概況及び運用成績や今後の相場の見通しについてレポートが届きましたで、私なりにまとめたいと思います。

<4月の相場概況>
日本国内の相場状況については、アベノミクス効果・日銀量的緩和による「円安・株高」が大きく影響した1ヶ月でした。

反対に世界市場は、各国・各地域の景気見通しにより、経済状況は様々でした。
特に4月前半の世界相場は、EUR圏失業率が過去最悪を更新し(4/2発表)
商品相場の大幅な下落になりました。特に金・銅等貴金属の商品市況が軒並み下がりました。

そのため、現在保有している資源関連ファンドの

BlackRock World Mining ファンドは大きく影響を受けています。

また、欧州の「キプロス」や「スロベニア」等の金融危機はユーロ圏
全体を揺らす展開も、相場の重荷となりました。

反対に日本市場においては、金融政策決定会合(4/5開催)
黒田日銀総裁による「異次元」の金融緩和策を好感し、円安・株高を加速させました。

その流れは5月に入っても、金融緩和による景気浮揚策を図る日本市場、景気回復局面にある米国市場には、世界の投資マネーが集中し、(商品・債権市場)から株式に資金が移動、株高は継続しています。
反面、景気減速感が漂っている中国・ブラジルなどの新興国の株価は大きく下落しました。

しかし、今後の世界経済は、各国の軟調な経済指標による、景気鈍化に対する
景気刺激策への期待から、これまでの続いていた世界市場の下落をを挽回する状況になりつつあります。

<今後の見通し>
日本においては、円安にによる、輸出関連企業の業績の改善が現れてくるころから、一段の株高の流れが継続する可能性が高い一方、経済収縮傾向が続く欧州市場や不動産バブル懸念の続くチャイナリスクが世界経済の重しとなりそうです。

ただ、米国経済の各種経済指標や企業業績の好転により、世界経済全体をを下支えしていきそうです。

今後の展開として
短期的な調整はあるが、世界経済全体としては拡大傾向にあるため、
長期的に相場は右肩上がりになるもと思われます。

今後も積み立て投資を行うのが有効ですね。

【保有ファンド4月実績】運用通貨ベース
■ Man AHL Diversified : +3.11% USD
■ BlackRock World Mining : -7.44% USD
■ JF Asean : +1.86% USD

【4月 各国株価指数】
DOW:+0.58%
英FTSE100:-0.93%
日経225:+14.2%
香港HANSEN:+1.65%
インド:+3.38%
ブラジル:-0.01%
posted by impe44 at 22:17| Comment(0) | HANSARD積み立て実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。